Just another WordPress site

シアターオブペイン

 
この記事を書いている人 - WRITER -
伝説のブロさん

今日出した動画は(閲覧注意)少女のトラウマ公開 「シアターオブペイン」 ですね、せっかくなのでこのシアターオブペインについて解説でもしようと思います。

シアターオブペインはギルティギアのキャラ、ベッドマンの一撃必殺です、

これがベッドマン、こいつのシアターオブペインは相手の悲惨な過去を劇場で映し出し心の傷をえぐる技です

実際のゲームでも全キャラの悲惨な過去が見れるので中々楽しい一撃必殺です、一部ギャグありもまた面白い。

 

自分もせっかくだから作ってみようと思い一か月ぐらい前から目の切り抜き作業をしていました、作業工程はこんな感じです

約2秒のシーンですが画像枚数は88枚、その88枚を毎日毎日切り抜いていました、そして今日完成してさっそく作り始めたというわけですね、ちなみに一枚の画像を切り取るのに約5分ぐらいかかるので一日約3枚切り取るだけでも15分かかります、しかも集中力も持っているかれるしさらにミスるとまたやり直しとかを繰り返していたので実際にはもっと時間がかかっていたと思いますが・・・・・まぁでもとりあえず完成したからよかったでしょう!再現度はそこまで高いとは言えないですけどね。

せっかくなので一部のキャラクターたちのこの悲惨な過去の理由解説しましょう。(注意 二次創作、オリジナル設定もあります。)

まずは博麗霊夢の「私って・・・なんのために戦っているの・・・・」について解説です、これは長い間多くの敵と戦ってきていてもつかむことができない平和を疑問に思い霊夢が嘆いています。幻想の復興から現在の仮面王の逆襲までまだ戦いは続いています、これだけ戦っても平和な日々は訪れない、博麗霊夢は嘆きこのような悲観的な視点になっています。

 

霧雨魔理沙「魅魔様に勝っちゃった・・・うふ・・うふふふふふ」

これは原作の夢時空というゲームで魔理沙が発したセリフです、今の魔理沙には到底考えられないようなセリフですがこの時は本当に発していました、それがネタになって結構あっちこっちでも使われているので今回はこの悲観的な過去ということでお借りしました。

十六夜咲夜「レミリアスカーレット・・・その命もらい受ける」

レミリアスカーレットの従者である十六夜咲夜がなぜこんなことを発したのか、これは十六夜咲夜の謎のキャラ設定で、十六夜咲夜は元ヴァンパイアハンター?という説があります、案外知られていないけど「十六夜咲夜」という名前はレミリアスカーレットがつけた名前であり、咲夜の元本名は不明です。レミリアスカーレットを狩りに来た咲夜がレミリアに負け、レミリアの従者になったという説があります。今回はその二次設定を使わせてもらいました。 ちなみに実際にヴァンパイアハンターの可能性もあります、咲夜が使っているナイフは銀性です、吸血鬼は銀が苦手なのになぜ使うのか、それは十六夜咲夜が元ヴァンパイアハンターだから・・・・?

 

とりあえず3人分の紹介をしました、残りのキャラクターたちはまた今度にでも説明しましょう、それでは今回はこんな感じです。またね

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
伝説のブロさん

Comment

  1. アバター ミックスゼリー より:

    すごい
    (別だけど何となくまみぞうに似てる)
    ブロさんって上手いよね、

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 伝説のブログさん , 2019 All Rights Reserved.